忍者ブログ

本を売るならブッフフ-情報リテラシー論ログ-

面白かった所から毎回かいつまんで紹介します

第八回情報リテラシー論

こんにちは、大学三年生です。
最近天気が落ち着かない日が多いですね。
せっかくの秋晴れの日も結局夜遅くまで居残りで、明るいうちに紅葉見ながら散歩とかできないのが残念でなりません。

さて、今回の情報リテラシー論の内容は



位置情報で激変の生活習慣
というタイトルですが…… 皆さんは普段スマホを使用する際に位置情報の設定をONにしていますか?facebookやマップを頻繁に利用する人はONにしている人が多いかもしれませんね。




もともと位置情報の提供システムは、昔アメリカで利用されていたものでした。
位置情報自体はインターネットが繋がらない圏外でも確認することはできます。
(マップ画面はインターネット回線から検索・表示しているので自分の現在地点しか特定できませんが……)



それからWindowsとMacのパソコンは、近隣のアクセスポイントを使用して、Wi-Fiのみで位置情報を特定、利用することができます。
初めて知りました。便利な世の中になってるんですね……
私は遠出した時にマップを利用しないとほぼほぼ迷ってしまうタチなのでとても助かります。


他にも位置情報はこんなところでも役立っています。



私たちが普段何の気なしに検索しているワード、実は位置情報を利用して私たちに合った検索結果を表示してくれているんです。
たとえば、「ラーメン」と検索すれば近くのラーメン屋が検索トップに表示されたり、「病院」と検索すれば近くの病院を表示、営業時間も出してくれたりしていますよね。
あれです。


もし位置情報を特定されずにインターネットを利用したい時は……?



Google Chromeに「シークレットウィンドウ」というモードを利用すれば検索結果に自分の位置情報を反映せずに検索することができます。

しかし……



インターネットを利用する際に常について回るもの、それがIPアドレスです。
これ、だいたいどうやってもなんやかんやで特定することができてしまうんです。
匿名書き込みサイトなどの誹謗中傷、犯罪予告などで書き込んだ側が逮捕されてるのはだいたいそのせいです。だから足がつかないように知人のパソコンを介したり漫画喫茶や公共の場のパソコンを利用してたり、いろんな手口があるようですね。


ちなみに、どうしてもIPアドレスを割られたくない時はどうしたらいいかというと……




この「Torブラウザ」というアプリケーションがあります。
インストールし、ロボットではないという証明ができれば誰でも利用することができます。
(誰でも利用出来る、というところが逆に怖いところでもありますよね……)
このブラウザでは向こう側にIPアドレスを握られることなくインターネットを利用することができます。
もちろん、日本国内から利用していることすらわからないわけですから、どの国の検索結果が出るかわからないのも逆に面白いところですよね。ちなみに横田先生は.plでポーランドの検索結果が出ていました。

調べている途中でこんなものを見つけました。

国別コードトップレベルドメイン

日本で.jpで終わるアドレスを利用しているように、各国それぞれトップレベルドメインが設定されています。






また、IPアドレスの他にも写真や画像にもいろんな情報が詰まっていることはご存知ですか?

写真には「何で」「どこで」「いつ」撮影されたか、など膨大な情報が隠されています。
それを「Exif情報」と言います。




こうして個人情報は漏れていくんですね……
便利なようでいてとても怖い……



上記のfacebook、twitter、instagramでは画像投稿と同時にExif情報は消滅するようです。
しかし、二枚目の画像のようにfacebookでは位置情報が残ってしまうみたいです。
その他にも、個人サイトや古いサービスではExif情報が残ったまま写真や画像が掲載されてしまうケースがあるみたいです。
この話を聞いてからは結構危機管理意識に対しての姿勢も変わったような気がします……




スマホの設定にも写真に情報をつけないようにする機能があります。
積極的に使っていったほうがよさそうですね。



もし自分が位置情報を添付して情報を発信したい時は、自分がその場を離れる時に投稿することを当たり前にしておいたほうがいいですね。
実際、投稿を見て押しかけた……なんて事例も幾つか聞きます。





今はほとんどの人が利用しているLINE
私が高校生の頃はガラケーだったのでもっぱらメールでのやり取りでしたが、LINEって便利ですよね。ほぼ全てのやり取りを LINEで済ませている気がします。
もしLINEがなくなったら……?二度と連絡が取れなくなってしまう人も少ないかもしれません。




他にも位置情報を特定してこんなこともしています。

 

これは通行可能な道路と通行不可能、障害が発生しているなど問題がある道路や道のりを表示している図です。
こシステムを利用すれば災害時や帰省シーズンなどのイベント時に道路交通状況をすぐに知ることができます。



こうして便利なシステムがどんどん私たちの身の回りで利用されていくんですね……

いろんな発明や開発されているシステムを見るたびに「うわ〜!近未来!」なんて感動していますが、実際に私たちが手に入れ、使うことができるようになってきているということにまだあまり実感がわかず不思議な感じがします。



さて、今日はここまでです。
朝めちゃくちゃ晴れてたのにすごい雨で完全に変えるタイミングを見失いました。
どうやって帰ろうかな……






拍手[0回]

PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
大学三年生
性別:
非公開

カテゴリー

最新記事

RSS

リンク

P R