忍者ブログ

本を売るならブッフフ-情報リテラシー論ログ-

面白かった所から毎回かいつまんで紹介します

第五回情報リテラシー論

こんにちは、大学三年生です。
見事に風邪をひきました。ずっと風邪引いてるって信じたくなくて一ヶ月くらい放置していたらどんどんやばくなってきたので養生しているところです。
皆さんは風邪引いたと思ったら無理せず認めてくださいね。

今回の情報リテラシー論は


スマートフォンの普及と課題についてです。
皆さんは最近周りでガラケーを利用している人を見たことがありますか?またはガラケーユーザーだったりしますか?
私は高校卒業までガラケーユーザーでした。理由としてはIpod touchを持っているから。
私が高校三年生だったのは三年前、ガラケーを利用していたのはクラスでも私含めて2~3人。
LINEの連絡網とか、見るのめちゃくちゃ面倒くさかった覚えがあります。



上の資料を見てもらうとわかる通り、ここ数年でスマートフォンの普及率は全年齢を通してとても高くなりました。特に、ずっとガラケーを利用していた4~50代の人たちが一斉にスマホに移り変わっていっているのがわかると思います。
世間はスマホ対応にどんどんシフトしてきているようです。

一つ不思議なことに、Iphoneの利用率のグラフ、女性10~20代の所持率が圧倒的に高いのです。
どうしてでしょう?他はわずかにandroidの方が高いのに…
私もIphoneユーザーですが、なんかこう、操作性の良さとmacユーザーなのでメーカー統一した方がなにかと便利なんですよね。

しかし、近年アプリケーションの市場はgoogle playがApp storeを抜いたらしいですよ。



主な理由としては、androidはアプリを世界に公開する時に審査を通過する必要がないからです。
App Storeではアプリを公開する時に必ず審査に合格する必要が有ります。
モラル的な問題、宗教、犯罪的な内容、そんな色々な問題点においてタブーがあってはならないからです。
Iphone非対応のアプリケーションをダウンロードするために「脱獄」をするAppleユーザーが多く存在したのも若干懐かしい話ではありますね。

※脱獄について
製品のプログラムを改変することによってApp storeで配布されていない非公認のアプリや機能を利用できるようにすること。(Apple側も脱獄をするユーザーの存在は知っており、警告は出しています。)違法ではありませんがデメリットだらけなので真似しないように!
ちなみに脱獄するとAppleはじめdocomo,auをはじめとした日本のキャリアなどからの保証対象から外れることになります。セキュリティ機能が脆弱になり、ウイルス被害やハッキングに遭う確率も上がることになります。

さらに詳しく知るにはこちら↓

脱獄とは

脱獄による被害報告

「脱獄」の現在





話が逸れました。

現在、日本のWebサービスはパソコンからどんどんスマホ、アプリケーションに移行してきています。
そりゃあ所持率がぐんと上がればそれに追随してきますよね。



Apple のwebページも近年スマホ対応しました。
ちなみに対応したのは2014年と最近なのですが、「I phoneの良いところはスワイプで拡大操作ができるところ。それを活かすためにはブラウザ対応のページのままでよい」という意見も(スティーブ・ジョブズから)あり、彼の死後、スマホ対応ページが作成されたという話も。






今このブログを読んでくれているあなたは今、パソコンから閲覧していますか?それともスマホですか?
スマホの方はどちらの手で操作しているでしょうか。
日本人の割合では、左利きの人よりも右利きの人の方が多いため、スマホ対応しているwebページの画面構成はほぼ右利き対応となっています。

ちなみに利き手と逆の手でスマホ持って片手操作してる人の中にはスマホ依存症の傾向がある人が多いそうですよ。
私もその一人ですが。



さらには右側に情報が出るタイプのスマホもあるみたいですね。正直邪魔では?と思ってしまうこのデザイン、実際に使用している人がどれくらいいるのか気になるところです。






突然ですが、私は指の先が太いタイプの人間なんですけど、



これめちゃくちゃ勘弁してくれって感じなんですよね。
ページの下の方に出てくるバナー広告を削除するための×ボタンもすっっっっっっっっごいちっちゃい。消すなって言ってるようなもんじゃないですか。
この辺りせっかくスマホ対応しているページなんだからデザイン頑張ってくれっておもいます。



もっと書きたいことあるんですけど今回の授業で特に気になった所のまとめは以上になります。
他の事柄については別の学生さんがブログにして発表していることでしょう……


余談ですが、「スマホ利用時に消滅してほしい機能アワード第1位」は

追尾機能付きふわふわ消えては出てくるバナー広告

です。

あれほんとどうにかならんのかな。

苦情山ほどあると思うんですよね。
バナーのデザインしてる人はやりがい持って仕事してんのかな……
こんなにボロクソ言われて心苦しくないのかな……なんて思ったりしてます。


それでは、今日はこの辺で。



拍手[0回]

PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
大学三年生
性別:
非公開

カテゴリー

最新記事

RSS

リンク

P R